仮想通貨の世界事情について

中国

まず有名なのが中国の禁止措置です。中国は仮想通貨に限らず人民元が他の国や、海外の金融商品に流れることを禁止する傾向が以前からあります。自国の経済だけを考えている中国政府らしいやり方です。

しかし香港だけはイギリス統治時代の影響が残り一国二制度という自由な制度が引かれています。そのため仮想通貨に関してはいまのところ自由に取引が可能です。中国本土ではインターネットも規制を引かれFacebookなどが出来ませんが、香港であればインターネットに関しても特に規制はありません。

しかし最近の香港SFC(証券先物事務監察委員会)は有価証券と見なされる仮想通貨に対して取扱いを外すように警告を出しました。

アメリカ

アメリカは日本同様に仮想通貨取引自体は認可されております。事実証券取引委員会(SEC)は仮想通貨を証券取引として扱うことに関しは否定をしています。しかしSEC議長のクレイトンはリスクはあるがある程度オープンにして、仮想通貨に対する法律や投資家保護をしていくべきだと述べています。

韓国

一時期は大量のウォンが仮想通貨に流れてきました。経済的には右肩上がりの韓国は仮想通貨に関して厳しい規制が引かれています。2018年1月には韓国内すべての取引所を閉鎖することを検討していると政府が発表し、仮想通貨に大きなダメージを与えました。その後は閉鎖はせず、規制を引きながら不法取引を罰する形で進めていくようです。

 

ビットコイン暴落と世界の偽札事情について

中国政府の規制

ビットコイン暴落は常にニュースになっているが要因は複雑になりすぎて、全てを解明するのは難しいですが出来る限り挙げていきます。1つ目は中国政府の規制で、外国の取引所へのアクセスも遮断するようになりました。中国は以前から仮想通貨投資を禁止する動きがあり、この背景として中国元(法定通貨)が国外へ流れてしまうのと、法定通貨の信用を取り戻す目的があるように考えられる。中国の元をはじめアジアやアメリカドル、ユーロでは偽札がいまだに出回っている現状がある。特に米ドルは換金せずに世界で使えるため、流通量が多く偽札も出回ってしまうのだろう。偽札が出回ってないのは日本ぐらいだ、という意見があるぐらい世界では偽札があるのだ。

マウントゴックス事件

2つ目の暴落の理由としてはかつてあったマウントゴックス倒産で、弁済のために最近400億円以上のビットコイン売却が数回に渡って行われたということです。これを教訓にして欲しいのが、一般の方の売却はそれほど相場に影響を与えませんが、100BTC以上もっている方がいっきに売却すると当然BTC価格は下がります。そしてそれにつられて投資達も売却をするので、さらに下がるということです。これを知ったからといって防げるものではありませんが、ビットコインは価格が以上に高いため、一日で見ても10万円単位の動きはいつでも起こります。

Googleの規制

Googleは2018年6月からICOや仮想通貨を有料枠で広告を出すのを禁止する意向を発表しました。これはICOに詐欺が多く、世界の投資家がお金を騙されて取られた背景があります。ICOは爆発的に稼げると煽るサイトも少なくなく、多くの投資家たちがICOに参加したのです。そのためGoogleはネットポリスとして仮想通貨の広告を禁止するようにしたのでしょう。

なぜビットバンクを気に入ったか?

ビットバンクにたどり着くまで

おっさんはビットバンク(bitbank)にたどり着くまで時間を要しました。はじめはコインチェックで細かいことを気にせずアルトコインを購入していた。しかし友人に聞くとコインチェックでアルトコインを買ってはいけないと忠告された。よく調べると手数料が高く、他の取引所でアルトコインを勝った方がお得ということに気づいた。Zaif取引所も悪くはないが、サーバーの重さや注文の通りにくさに嫌気がさしていた。そんなときにあるブログの記事でbitbankを紹介しており、いいなと思ってアカウントを作った。いざ使ってみるとサクサク動くし、無骨なデザインも男らしくて気に入った。おっさんはDMMビットコインのような派手なのは好きじゃない。

はじめに買ったコイン

ビットバンクで1番はじめに買ったのはリップルだ。どう考えてもリップルでしょw 林先生のような言い方になってしまったが、リップルを板で買える国内取引所はビットバンクだけだからである。しかも手数料無料キャンペーンが2018年6月まであるので最高だ!安く買えたのはいいが1月の半ばから仮想通貨全体が下げ相場で困る。おっさんはそこまで投資金がないから、自然とセーブがかかるがつぎ込んでた方は落ち込むだけだと思う。ずっと上がる相場などないのだから、そこを理解してやるべきだ。別にビットバンクを宣伝したいなどではなく、個人的に気に入っただけだ。文句をいえばイーサリアムとライトコインがBTC建てのみなのはけしからん。日本円で買わせて欲しい!ここだけは改善点といえる。

みんなのメイン取引所が気になる

多くの初心者はコインチェックの新規が止まった今、bitFlyerが相当数いるだろう。ユーザー数No.1を掲げているぐらいだからそう考える。少し慣れてきた場合や中級者ぐらいになればユーザーはZaifに集まる。おっさんもZaifは別に嫌いではない、好きなコインがあまりないだけだ。Zaifトークンなどは調べてないからまだ詳しくはないが、トークンはまだ怖くて手が出せない。

また気が向いたらブログを更新していこうと思う。まさか自分が仮想通貨をやると思ってなかったら文章に残しておきたいのだ。

 

カードローンを利用する場合には、審査が必要

カードローンで借りたお金は期日を守った上で返済をしていかなければなりませんが、その方法を知ることは計画的な利用をしていく上で大変重要です。カードローンで借りたお金の返済方法は申し込んだカードローン会社によって異なりますが、大抵はATMを操作する方法、口座振替を使う方法、カードローン専用口座に振り込む方法の3つのうちのいずれかを利用して返済することになるでしょう。ATMからの返済は、カードローン会社が直接設置している端末だけでなく、提携している金融機関の端末でも可能ですが、営業時間は端末ごとに異なっているので注意が必要です。口座振替の場合は期限を意識せずに返済を続けられるので便利ですが、お金が不足していて引き落としができなかったとカードローン会社から通知されないように、月に1回以上の頻度で預金口座にきちんとお金が入っているかどうかを確認しておく必要があるでしょう。

また、インターネットバンキングのサービスを行っている会社であれば、会員専用ページから口座にお金を振り込むよう指示を出すことができます。現金での取引よりインターネットバンキングをつかった取引の方が頻度が多いのであれば、こちらの返済方法が便利でしょう。通常、カードローンでは、申込時に指定した日までに借入残高に応じて決まる金額を入金して返済していきますが、家計に余裕があるときは指定日以外の日でもお金を返すことが可能です。通常の方法では、返したお金は一定の計算式にしたがって元金部分と利息部分に振り分けられますが、指定日以外の日に返したお金はすべて元金部分にあてられるので、再計算によって利息が減少し、支払総額を減少させる効果があります。借りたお金を返す際の金銭的な負担を軽くしたい場合は、これら2つの返済方法を併用することが重要です。ただし、指定日以外の日にお金を返す場合、カードローン会社によっては事前に連絡しておかなければならなかったり、最低限入金しなければならない金額が設定されている場合があるので注意が必要です。

カードローンを利用する場合には、審査が必要

お金を借りるシーンは、人生の中で何度もあります。マイホームを持ちたい人は、住宅ローン、お子さんがいる場合には教育ローン、マイカーを購入するときには、マイカーローンを組むはずです。余程の資産家や会社経営をしている人でなければ、大きな買い物をキャッシュで購入することなどできないのです。しかし、以上のようにローンを組む目的が定まっている場合には、安い金利で長期間の返済をすることで、融資を受けることができます。しかし、利用使途を問わずにお金を借入れることもできます。それがカードローンサービスです。たとえ、ギャンブルの軍資金としてお金を借りたい場合でも貸してくれるのです。

でも、誰でもお金を貸してもらえるわけではありません。借金をする以上、しっかり金利分とともに返済しなければなりません。また、お金を借りる際には、しっかりと審査を受けなくてはなりません。カードローン会社としては、貸し倒れの可能性がある消費者にお金を貸したくないと思うのは当然のことです。審査の内容は、極めてシンプルです。まずは、安定した収入があるか、他に多額の負債がないか、過去に金融事故、つまり、返済遅延を頻繁に起こしていることや、借金の踏み倒し、民事再生などの処置をした人ではないかということです。従って、ほとんどの人はカードローンを利用することができます。審査に通りますと、利用限度額が定められます。収入が多い人は限度額が多くなりますし、金利も安く抑えられる傾向にあります。収入が少なければ、当然借りられる金額は低くなります。金利も高くなることが一般的です。カードローンを利用する際に、気をつけなくてはならないことは、借金は、絶対に返済しなければならないということを肝に銘じておくことです。借金など踏み倒せばよいなどと考えている人は、あまりにも考え方が甘いです。返済するまで督促があります。ですから、カードローンを利用する場合には、しっかりと返済計画を立てて、少しでも早く返済できるよう努力しなければなりません

今更聞けない!カードローンとは?

消費者金融のカードローンやキャッシングなど、お金を借りるにはいろいろな方法があります。この内、キャッシングはクレジットカードを持っている人なら一度は使ったことがあるという人は多いことでしょう。しかし、カードローンが何かと聞かれても、正確に答えられる人はあまりいないのではないでしょうか。カードローンとは、担保がなくても融資してもらえる個人向けの商品です。担保がないだけ信用情報は重視されるという特徴があるので、審査で落とされることも少なくありません。

また、例えばマイカーローンなどというと、自動車を購入する際にしか使えないローンであり、自動車を担保にしてお金を借りるので金利も低めに設定されていて審査が落ちることもそう多くはありません。このような状況から、カードローンとなるとあまり気軽に借りるようなタイプではないといって良いでしょう。とはいえ、安定した収入があれば誰でも申し込みはできますし、最近では学生や専業主婦向けの限度額の低いカードローンなどもあるなど、昔よりは多くの人に利用されているといえます。

カードローンにはメリットがたくさんありますが、その内もっとも大きなものの一つが、限度額内で何度でも使えることです。普通は、借入れをするたびに審査をパスしなければならないわけですが、限度額内であればそんな煩わしく時間のかかることをする必要はなく、何度でも借り入れすることができるのです。商売をしている人などは仕入れのたびにまとまったお金が必要になるので、いちいち審査を経なければならないのでは面倒でしょうがありません。カードローンは、このような商売をしている人にぴったなローンということもできます。しかし、そんなカードローンにもデメリットがあります。中には、何十年もの間、繰り返し借入れ・返済をしているという人も少なくありませんが、そうなると、かなりの利子を支払っていることになり、これは大きな損失に違いないのです。

急な出費の場合において有効な手段と使い方について

近年、経済情勢の悪化により給料が下がりボーナスも出ない事は珍しい事ではありません。そんな今の生活を豊かにする術はなく、必死にいまある収入を守ろうとする風潮がひしひしと伝わってきます。しかし、出費は重なる一方で毎日が節約の日々である人々が多く存在しています。お金のトラブルはいつの時代も変わらず付きまとう問題かもしれません。

急な出費に多いのは、冠婚葬祭や病気、教育費、レジャーなどのまとまったお金であったり、期間限定の物欲によるものだったり多岐に渡ります。その場合、ローンを組んで買い物をするという方法と、現金を直接借りるという方法があります。買い物ではない出費の場合はキャッシングという直接現金を借りる方法が利用されます。

主に消費者金融や銀行などで借りる事が出来ます。それぞれに特徴があり、銀行の場合ある程度の審査があります。無担保で借りるには、借りる人の収入に応じて借りれる金額が決まります。審査には2、3日かかることが多いです。一方消費者金融はスピードがあります。上手く行けば即日に現金を借りれる事が出来ます。すぐにお金が必要になった場合には、とても便利なサービスだと思います。

しかも、期間限定で金利が掛からないというサービスをしている所もあり、気軽に借りる事が出来ます。そして銀行と消費者金融との大きな違いが金利の差です。一般的には銀行よりも消費者金融の方が金利が高く設定されています。即日で借りれるという利点を取るか、少しでも金利が低いが多少時間のかかる銀行を選ぶかは、しっかり考える必要があるでしょう。ただお金を借りるという事は、返す計画があってこそのものなので、しっかり今後の返済を見据えて借りる必要があるのです。

一般的には消費者金融にはとても悪いイメージがあります。無計画に借りた場合に返済が滞り、破産するという人も確かにいます。消費者金融でお金を借りる事は悪いというのは発想が飛躍している節があるでしょう。それさえ気を付けるようにすれば、とても便利で有効なお金の借り方だと思います

キャッシングにおける申し込みとその全体的な流れ

業者からお金を借りる時には、数段階の流れがあります。ほとんどの会社の流れは、共通していますね。 まず1段階目なのですが、もちろん会社に対して借りたい旨を申請する事になります。いわゆるネットや郵便物などを用いて、会社にデータを送信する訳ですね。 その申請方法は会社によって様々で、従来の紙媒体のみで受け付けている会社も今なお見られます。

しかし最近では、ネットで申し込みができる会社も増えてきていますね。利便性がとても良いので、ここ最近はネットで申し込みをする方々も増えています。 その次の段階ですが、金融会社によるチェック作業が行われるのです。上記の申込者のデータを、色々とチェックする訳ですね。 ところでチェックをする時には色々と基準があって、例えば所得の安定度などは重視されます。

また他の会社での状況なども、かなり厳しく見られる事が多いのですね。過去に何か金融事故があった方の場合は、ちょっと難しくなってしまう傾向があります。もちろん何も問題が無い方であれば、そのチェック作業が完了します。 そして第3段階としては、金融会社からの電話連絡です。たいていその電話は会社に行くのですね。自宅に行く会社も、中には見られます。

会社に電話をする意図としては、もちろん勤務事実の確認です。いわゆる成り済ましを確認するために、ちょっと電話をする訳ですね。その際に何か不審な点が発覚した時には、お断りになる事もあります。逆にその電話確認で問題無いと判断された時は、比較的高い確率で通る傾向があります。チェック作業の最終段階で、電話をする事が多いからです。 第4段階は、そのチェック作業の合否の連絡です。借りる事ができるかどうかを、伝えてくれる訳ですね。

そして5段階目では金融会社からカードが送られるケースが一般的ですが、中にはそれが発行されない会社もあります。モビットのようなWEB完結の会社なのでは、あえてカードを発行していない事もあるからです。 そして最終段階としては、金融会社から入金されるという流れになります。大抵の会社は、このような5段階で手続きが完了します。

キャッシングするのは便利で後腐れがないからです。

私は30代のフリーターです。今日はキャッシングについてあれこれ書いてみようと思います。 でもキャッシングってなんでしょうか?クレジットカードを持っていない人は知らないかもしれませんが、キャッシングというのはクレジットカードでATMから一時的にお金を借りることを言います。 お金を借りると当然に利子がかかってきますので、できたらお金をクレジットカードで借りたくはないです。

でも何故、人はクレジットカードでお金を借りてしまうのか?自分パターンで考えてみたいと思います。 まず、私がお金を借りる時間です。私はいつも仕事に終われていて銀行に行っている時間がありません。お金を使うときは仕事が終わってからが多いので、銀行は既に閉まっております。 銀行は平日のAM9-00からPM15-00しかやっておりませんので、仕事が終わってからは行けない時間帯なのです。

勤務が夜勤や不規則な人は銀行に行けると思いますが、日勤で働いている人は行けません。 次はどこでお金を下ろすのでしょうか?私はいつも24時間営業のコンビニATMでキャッシングをすることが多いです。 コンビニは仕事場所の近くに1つあります。私の家の近くには4ヵ所もあるのです。 自分が行き慣れたコンビニですのでキャッシングするに全く抵抗感がありません。いつも買い物をする前にATMへいきます。

これらを考えると、私は時間と場所と慣れを選んでいるのです。お金を借りるのはこのような背景があるのがわかります。 しかし、他人が一回でいくらお金を借りるか知りたいですよね。ちなみに私の場合は借り入れ限度額が10万円なので3万円ぐらいずつ借りています。 3万円ならお財布に入れても無駄使いしないで1ヶ月やっていけます。これが10万円とか借りてしまうと無駄使いをしてしまうので注意が必要です。 クレジットカードの借り方は2種類あって分割払いと一括払いです。私は分割めんどくさいので一括払いにしています。 最終的には、一括払いなら借りても後腐れないと思っています。

18才前後でも利用できるキャッシングとご両親による同意書

キャッシングには、年齢制限はあります。基本的にはほとんどの年齢の方が借りる事が可能なのですが、一部の年齢層の方々は、ちょっと特殊な手続きが必要になってくるのです。特に年齢が低めな方々などは、やはりそのような手続きが必要ですね。 現在ほとんどの金融会社では、20歳以上であれば申込可能と明示をしています。しかし実際には、未成年の方でも問題無いのですね。

その1つがクレジット商品です。 いわゆるショッピングの為に用いる事が多いカード商品ですが、それには融資機能は備わっているのです。しかもそのカード商品は、未成年の方でも発行する事はできます。 どういう事かと申しますと、その商品は基本的に未成年者が単独で利用するのは難しいのですが、ご両親の同意があれば問題ない事はあるのです。つまり親権者から許可を得ているパターンですね。

ただしその際には、ご両親の方による書面への記入が必要になります。金融会社が用意している書面に、ご両親が書くことになるのですね。もちろん申込者本人が書く訳ではありません。 ご両親がその書面に書かなければればなりませんので、当然未成年の申込者としては、ご両親に対してその話をする必要があります。その話をしておかないと所定の書面が提出できませんので、商品を利用する事もできなくなってしまうのですね。 ですので結局上記の融資商品は、未成年者でも申込をする事は可能なのです。

現にそれで転カードを発行している方々も多く見られます。ただちょっと手続きに手間を要する訳ですね。 なお上記の話は、未成年者に対するものになります。その商品は、年齢が高めな方は難しい事があるのです。いわゆる高齢な方々などは、金融会社からお断りされる事があります。 その具体的な年齢は、金融会社によって色々と異なりますね。65歳までは受け付け可能という会社もあれば、69歳までは問題無いという会社など色々だからです。 このような状況を考えますと、やはりキャッシングは年齢が大きなポイントになると言えます。