キャッシングにおける申し込みとその全体的な流れ

業者からお金を借りる時には、数段階の流れがあります。ほとんどの会社の流れは、共通していますね。 まず1段階目なのですが、もちろん会社に対して借りたい旨を申請する事になります。いわゆるネットや郵便物などを用いて、会社にデータを送信する訳ですね。 その申請方法は会社によって様々で、従来の紙媒体のみで受け付けている会社も今なお見られます。

しかし最近では、ネットで申し込みができる会社も増えてきていますね。利便性がとても良いので、ここ最近はネットで申し込みをする方々も増えています。 その次の段階ですが、金融会社によるチェック作業が行われるのです。上記の申込者のデータを、色々とチェックする訳ですね。 ところでチェックをする時には色々と基準があって、例えば所得の安定度などは重視されます。

また他の会社での状況なども、かなり厳しく見られる事が多いのですね。過去に何か金融事故があった方の場合は、ちょっと難しくなってしまう傾向があります。もちろん何も問題が無い方であれば、そのチェック作業が完了します。 そして第3段階としては、金融会社からの電話連絡です。たいていその電話は会社に行くのですね。自宅に行く会社も、中には見られます。

会社に電話をする意図としては、もちろん勤務事実の確認です。いわゆる成り済ましを確認するために、ちょっと電話をする訳ですね。その際に何か不審な点が発覚した時には、お断りになる事もあります。逆にその電話確認で問題無いと判断された時は、比較的高い確率で通る傾向があります。チェック作業の最終段階で、電話をする事が多いからです。 第4段階は、そのチェック作業の合否の連絡です。借りる事ができるかどうかを、伝えてくれる訳ですね。

そして5段階目では金融会社からカードが送られるケースが一般的ですが、中にはそれが発行されない会社もあります。モビットのようなWEB完結の会社なのでは、あえてカードを発行していない事もあるからです。 そして最終段階としては、金融会社から入金されるという流れになります。大抵の会社は、このような5段階で手続きが完了します。