カードローンを利用する場合には、審査が必要

カードローンで借りたお金は期日を守った上で返済をしていかなければなりませんが、その方法を知ることは計画的な利用をしていく上で大変重要です。カードローンで借りたお金の返済方法は申し込んだカードローン会社によって異なりますが、大抵はATMを操作する方法、口座振替を使う方法、カードローン専用口座に振り込む方法の3つのうちのいずれかを利用して返済することになるでしょう。ATMからの返済は、カードローン会社が直接設置している端末だけでなく、提携している金融機関の端末でも可能ですが、営業時間は端末ごとに異なっているので注意が必要です。口座振替の場合は期限を意識せずに返済を続けられるので便利ですが、お金が不足していて引き落としができなかったとカードローン会社から通知されないように、月に1回以上の頻度で預金口座にきちんとお金が入っているかどうかを確認しておく必要があるでしょう。

また、インターネットバンキングのサービスを行っている会社であれば、会員専用ページから口座にお金を振り込むよう指示を出すことができます。現金での取引よりインターネットバンキングをつかった取引の方が頻度が多いのであれば、こちらの返済方法が便利でしょう。通常、カードローンでは、申込時に指定した日までに借入残高に応じて決まる金額を入金して返済していきますが、家計に余裕があるときは指定日以外の日でもお金を返すことが可能です。通常の方法では、返したお金は一定の計算式にしたがって元金部分と利息部分に振り分けられますが、指定日以外の日に返したお金はすべて元金部分にあてられるので、再計算によって利息が減少し、支払総額を減少させる効果があります。借りたお金を返す際の金銭的な負担を軽くしたい場合は、これら2つの返済方法を併用することが重要です。ただし、指定日以外の日にお金を返す場合、カードローン会社によっては事前に連絡しておかなければならなかったり、最低限入金しなければならない金額が設定されている場合があるので注意が必要です。